新卒で会社に就職しても、自分が希望していた仕事ができる人は少ないものですし、外部から見ていた内容と、内部で働く仕事内容では違いが有ります。
希望する仕事をする為に転職する方法もありますけど、相応のスキルが求められますから難しいケースが多いようです。
転職の場合、中途入社ですから同じ年齢でも、上下関係があるなど人間関係に悩むことも考えられます。
起業を目指して退職する場合でも、事業計画や内容・目的などを明確にしておく事が必要です。
仕事をする際、事業内容によっては資格が必要な場合もありますから、自分で取得するなり有資格者に協力を受ける事も考えておきたいものです。
自分で仕事を始める時に、個人ではなく会社設立することで法人化する方法があります。
以前は資本金の制約・役員数などの制約がありましたけど、会社法が変わって、資本金や従業員などの条件が緩和されていますし、定款などもインターネット上に、参考にできる雛形がありますし、電子認証を行えば費用も少なくてすみます。
自営業というよりも会社を設立して法人化したほうが、社会的地位も高く見られますし、信用度もアップし業務上にもメリットが出てきます。
会社を作る際には、自分ですべてを行える人は少ないですから、税務関係や資金調達などに対して相談できるような人脈を作っておく事も必要です。
会社経営においては顧客との取引だけでなく、色々な材料などの納入業者との取引など、幅広い人間関係が出てきますから、人脈の豊富さは成功を左右する要素のひとつといえます。
会社の目的は、色々とありますけど民間企業においては、利潤を追求する必要がありますから、取引先や協力してもらえるような個人・会社を持つ事も必要です。
会社に勤める場合は、給料という形での収入がありますけど、自分の会社を作った場合は、自己責任で収入を確保する事が求められますから、忍耐力も必要ですし私生活が犠牲になるというリスクを受け入れる事も必要です。